台北・華山1914は、最新のオススメ台湾観光スポットです。

この記事をシェアする!

huashan1914-60

華山1914(正式名称は華山1914文創產業園區)は1914年(大正3)日本統治時代に作られた、国営のお酒工場の跡地をリノベーションした、文化・商業施設です。しばらく放置されていたこの工場の廃墟を、2007年2月からクリエイティブな色々な新しい台湾文化の発信地を目指して再開発がスタートしました。

2014年ごろから、徐々に、施設や企画が充実してきて、魅力的な施設になってきました。その、クリエイティブな色々な新しい台湾文化の発信地、華山1914の紹介です。

華山1914のホームページはこちらからどうぞ

スポンサーリンク
NEWレクタングル (大)

華山1914はイベントスペースと、ショップ、レストランが一つになった複合商業施設に変貌しました。

huashan1914-3

華山1914といえば、2014年夏ぐらいまでは、イベントスペースのイメージしかなかったんですが……色々と変貌を遂げて、台湾旅行の際に、訪れるべきスポットになってきました。

段々と施設の魅力がぐんぐん増すような、ショップを入たり、POP UP STOREが充実してきたり、夏休みに合わせた積極的なイベントを行ったりして、すごく人気の施設なってきました。

とにかく、7月、8月の夏休み時期は大変な人出です。毎日がお祭りのような雰囲気で楽しめると思います。ジブリの展示もすごい集客力で、連日入場制限が午前中からかかってる行列状態です。

華山1914文創產業園區の見どころは?

日本統治時代の古い建物自体が台北の観光スポットです。

まずは、この古い日本統治時代に建てられた建物自体が、とても魅力的で!記念になるような写真を撮るスポットが沢山あるのが、楽しいです。

huashan1914-23

こんな、グリーンに囲まれた倉庫街があったりします。

huashan1914-57

古い建物が魅力的です。カップルがよく写真を撮るスポットになってます。

huashan1914-111

奥の方に行くとこんな場所があったり……ここも写真をよく撮ってる場所です。

huashan1914-58

今は、ソニーのショウルームが入ってる、扉の枠に沿って木が生えてる入口。ここも本当によく写真を撮ってますよね!みなさん!

新しい台湾文化の発信地としての、イベントが沢山!

そして、新しい台湾文化の発信地というぐらいですから、2016年の台湾の夏休みシーズンは色々なイベントが目白押しでした。

huashan1914-62

2016年9月18日まで開催の「ジブリの動画の世界展」は連日数時間待ちの大行列です。その他にも、ジブリと同じ9月18日まで開催の森林劇場「UP SIDE DOWN HOUSE」も大行列ですが、面白い企画だと思います。

「吉ト力」これで発音合わせで、「ジブリ」と読みます!

huashan1914-20

これが、森林劇場「UP SIDE DOWN HOUSE」です。常設かと思いきや、期間限定なのです!ちゃんと作ってるのに、勿体ないですねー!

台湾のお土産にもなりそうな、オシャレなお店が色々集まってます

華山1914に出店してるショップがどれも今の時代感を取り入れてるおしゃれなお店を積極的に出店してきてます。本当に、なかなかセンスの良い構成です。

huashan1914-106

そして、夏限定のPOP UP SHOP(期間限定のお店)も台湾のオシャレショップが色々と出店してます。

私が大好きな「好氏研究室(good institute store)も限定ショップを出店しています。

台北おしゃれ雑貨&カフェ、好氏研究室(good institute store)はギャラリーも有るライフスタイルショップ
おしゃれな雑貨&カフェそしてギャラリーまで有る、好氏研究室(good institute store)は、台北の今の空気を表...

あと、アイスモンスターも期間限定ショップを出してます。空いててオススメです。

土曜日、日曜日はフリーマーケットも開催して、賑わってます

huashan1914-13

土曜日、日曜日は、個人で製作したものや、飲み物や色々な小さなショップが出店するフリーマーケットも開催してます。ここで、いつも営業してるレモンジュース屋さんのジュースがお気に入りだったりします。

huashan1914-10

冷やして、レモン水を売ってます。

huashan1914-11

純天然39元(約130円)です。

huashan1914-9

他には、ドライパイナップルやドライレモンなんか売ってますよ!

huashan1914-7

ドライレモン!

huashan1914-5

このお兄さんのお店です。

huashan1914-12

これがレモン水!

華山1914の全体マップはこんな感じです。以外と大きいです

03_2012華山園區_立體地圖_店名版_out

このマップから具体的に見所を紹介して行きましょう!

huashan1914-65-2

「服務中心(インフォメーションセンター)」があるビルです。この真ん中の広場で色々なイベントが開催されたりもします!

huashan1914-105

「服務中心(インフォメーションセンター)」があるビルの横はこんな撮影スポットになってます!

huashan1914-61

「中3-1」中にはカフェが入ってます。

huashan1914-103

外では、多肉植物のお店が出店中です。

huashan1914-66-2

イベントスペースがつづく倉庫街がこの道を進むとあります。メインストリートです。「東2-A」からの場所です!

「中2」にあるお店「PRESENT+」はMIT(メイドイン台湾)の商品が沢山ある、お土産には最適なお店です。

huashan1914-14

華山1914内の常設ショップ「PRESENT+」MIT(メイドイン台湾)の良品が色々あって楽しめますよ!

prsent-6

雑貨を中心に、食品や、洋服まで色々なMIT(メイドイン台湾)の商品が揃ってます。

prsent-7

色々なグッズが揃ってます。

prsent-8

ディスプレーも色々とおしゃれだったりします。

prsent-3

バックとかもあったり

prsent-1

食料品もあります。

台湾で日本の雑貨や作家さんを紹介してる小器生活も大きいショップ&レストランをオープンさせました。

xiaoqi-22

小器生活空間は、小器生活が手がけた、ショップ&レストランです。見るだけで、色々と楽しめます。お店自体は大きい空間を贅沢に使っています。楽しめます!日本のものが多いですけどね!

xiaoqi-13

雑貨が集まってます。

xiaoqi-21

日本食の定食屋さんも同時にオープンしました。

xiaoqi-20

台湾の手作りショップが集まった、「風格生活販売所」も面白い!

xiaoqi-11

「風格生活販売所」とは、小さい個人でやってる手作りショップの集合体です。

xiaoqi-19

お店の紹介が、入口に書かれてます。

xiaoqi-17

色々なものが売られてます。

huashan1914-107

「中3-1」の裏側の通りには、「SONY」のショウルームとマンゴーかき氷の「アイスモンスター」が2016年夏期間限定オープンしています。

huashan-icemonster-9

広々な大空間を利用して気持ち良いです!そして、空いてます。

huashan1914-110

ソニーのお店は、あの入口の区画を利用してます。

huashan1914-109

「SONY STORE 華山直営店」ですね!

huashan1914-108

なかなか、おしゃれに色々なソニー製品を展示していました。

途中ですが、前半をこれにて終了です。……

すみません!次回に続きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で