台南名物は担仔麺だけではない。エビ飯も名物です。集品蝦仁飯

この記事をシェアする!

ebimeshi-1-4

私は台南に行くと、絶対食べたいリストの上位に、「蝦仁飯(エビ飯)」が入ります。

だって、担仔麺は台北だって食べれるけど、「蝦仁飯(エビ飯)」は台南でしか食べれませんからね!

そして台南には、行くべき「エビ飯」有名店が2店有ります。この「集品蝦仁飯」「矮仔成蝦仁飯」です。それも大きな通り(海安路)を挟んで両側にお店を構えています。両方とも美味しいです。

この二つのお店それぞれ少し味が違って、是非食べ比べるのも面白いと思います。ここでは、「集品蝦仁飯」を紹介します。

スポンサーリンク
NEWレクタングル (大)

まず「蝦仁飯(エビ飯)」って、なんですか?

ebimeshi-1

「蝦仁飯(エビ飯)」とは、特製のダシを混ぜ込んだご飯の上に、少し甘しょっぱい醤油味で、小エビとネギを炒めたものが乗った、どんぶりご飯です。どんぶりと言っても、日本の丼物とは違いお茶碗程度なので、さらりと食べられます

ご飯はたっぷりのダシの味を含んで、ふっくらというよりは、ジューシーなご飯の仕上がり具合です。その上に、味付けされて炒めた、エビとネギを盛り付けて完成です。

「集品蝦仁飯」「矮仔成蝦仁飯」の違いは、この味付けの違いです!

ebimeshi-1-3

「集品蝦仁飯」のご飯は台南近郊の雲林で採れた有名な「西螺米」を使ってるとの事。高級米ですよ!最近は、おしゃれ食材店でも買うことができます!

その西螺米に、ラード、エビ、かつお節で取った出汁と少しの醤油のタレを合わせた物を熱々のご飯に混ぜてるとの事です。

ご飯自体は、やさしい出汁の味にほんのりとえびの風味が有り、醤油の味も少し感じます。味わい深いしょっぱさと甘さを感じる味です。ぷりぷりのエビと一緒に食べると、もー最高です。

日本人が大好きな味だと思います。

ebimeshi-1-2

「集品蝦仁飯」のお店のほうが、ローカルな感じです!「矮仔成蝦仁飯」はもう少しチェーン店風なちゃんとした感じです。実際に「矮仔成蝦仁飯」は支店も有ります。

「集品蝦仁飯」昼はとにかく地元、観光客で大混雑してますが、並ぶと意外に早いです!

「集品蝦仁飯」昼は常に満員ですが、「蝦仁飯(エビ飯)」はお茶碗1杯のご飯でしっとりジューシーなので、スルーとお腹に入って5分も掛からずで食べられちゃいます。なので、すぐ席は空きますから、待ちましょう!

注意としては……綺麗に行列ができるわけでは無いので、空いた席を見つけたら、横入りされないように、「ここは私たちの席だよー!」アピールも忘れなく!

ebimeshi-1-5

昼時は本当に混んでます!

「集品蝦仁飯」では何を食べたら良いの?スープも必ず頼んでね!

ebimeshi-1-9

私はエビ飯海苔スープにしました。

「集品蝦仁飯」のエビ飯は、「矮仔成蝦仁飯」より、ご飯がジューシーで、悪く言えば牛丼のしるだくのような味わいです。これが特徴です。美味しいです!が好き嫌いも分かれると思います。

エビの量はそんなに多くないです。茹で小エビをネギと少し味付けされたタレで炒めた物をのせています。ご飯と食べるとちょうど良い感じです。

ebimeshi-1-10

スープは海苔が沢山入って、これも鰹の出汁がほんわか効いて、薄味でしたが美味しいです。スープは色々種類が豊富なので色々試してみてください!

鴨蛋湯といって、鴨の溶き卵のスープも優しい出汁の味でおすすめです。

注文の基本形は「蝦仁飯」「鴨蛋湯」を頼む人が多いです!

余談ですが、私、スープは薄味派ですので、ちょうど良いですが、友人の在住日本人は常にMY塩を持ち歩いてます。「台湾のスープは薄すぎ!」いつも言ってます。逆に日本の拉麺が大好きな台湾人も札幌ラーメンの味噌はしょっぱすぎと良く言ってます。

皆さんは、台湾の薄味スープ好きですか?

ebimeshi-1-8

メニューと値段はこんな感じです!蝦仁飯は50元です。エビの大盛りは75元です。

ebimeshi-1-6

集品蝦仁飯

  • 台南市中西區海安路一段107號
  • 06-226-3929
  • 営業時間 9:30-21:00
  • 定休日 不定期

台南のグルメをまとめてます。台南旅行の際の参考にどうぞ!

おすすめ台南の絶品グルメ-15選。台南に行ったら絶対食べてください!
台南が大好きなんです。ノンビリした雰囲気。歴史を感じる町並み。明るく優しい台南の人たち。 台南は京都みたいな古都です。そして、...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で