台湾でもクラフトビールブーム到来。HODALAで台湾産生ビールを呑む。

この記事をシェアする!

taipei-hodala-1-6

日本でも、クラフトビール流行ってますよねー!台湾には、今まで、いや未だに、レストランで生ビールすら、呑めないビール後進国の国です。台湾ビールの瓶だけです。それでも瓶ビールの生というジャンルはありますが……あくまでも、瓶ビールの生です。「14日以内に生産しました」というものです・

そんな台湾にも一気にクラフトビールブームがやってきました。という事で、永康街にできた、「HODALA(ホダラ・掌門精)」の紹介です。

スポンサーリンク
NEWレクタングル (大)

永康街にできた、HODALA(ホダラ・掌門精)というクラフトビール専門店で呑んで来ました。

taipei-hodala-1-8

2015年6月にオープンしました。台湾のおしゃれ雑誌にクラフトビール特集とかに、ちょくちょくと掲載されてまして、平日の夕方でしたが、そこそこ人が入ってました。

場所は、永康街のメイン通りを少し入って、すぐを右に曲がったらすぐ有ります。この4通りは隣は有名お茶屋さん、その隣は、有機栽培ライムジュース専門店「東海萊姆園」と有名店沢山の小道なので、是非観光の際にはどうぞ。

有機栽培ライムジュース専門店「東海萊姆園」はすっぱいけど美味しい。
ちょっとポップな看板が目印な、有機栽培ライムジュース専門店「東海萊姆園」気になってたお店なんだけど、無くなったー!と思ったら、新しい...

「HODALA(ホダラ・掌門精)」の特徴は、ビールは基本台湾産のクラフトビールしか扱ってません。カウンター後ろのタップで入れてくれます。私が行った時は16タップ有りまして、おすすめの黒ビールをお願いしました。

桃園で作られてるビールらしく、麦の香ばしさたっぷりの、ギネスよりまろやかですが、度数が高めなので、しっかりした感じがして美味しかったです。台湾なので、冷たさも、ぬるい感じにして無く、きりっと冷えた感じで出されました。晩ご飯前の一杯にはちょうど良かった感じです。

taipei-hodala-1

こんな、黒ビールです。度数は高めで、キャラメルの風味でおいしかったです。真っ黒で、重めの重厚な味わいです。

HODALA(ホダラ・掌門精)のインテリアデザインも雰囲気も良い感じです。

taipei-hodala-1-3

デザインは、今っぽい雰囲気の、ブルックリン風〜。ありがちぃーと言えばありがち。でも、カウンターの感じとか、照明とかなかなか良い雰囲気でした。

taipei-hodala-1-4

これが、パイプを通って、ハッピーアワーに呑めるみたいです。本物のビールが流れます!素晴らしい

taipei-hodala-1-5

壁面には、ビールのパイプが廻っていて、蛇口がありました。すごい!

聞いてみたところ、ちゃんとビールが出るみたいです。それを利用して、夕方のハッピーアワータイムに、限定で安くビールを飲ませると言ってました。詳細は不明です。笑

なんと!食事に関しては、持ち込み可能です。

つまみありますか?って聞いたんですが、、、今はビールに専念しているので、何も無いとの回答でした。ビール一直線で、逆にすばらしいと思いました。

なので、「持ち込みは自由(2016年3月の情報です)ですよ!」と言われました。逆に言えば、近くには沢山美味しい所有りますから、鼎泰豊、高記、度小月、近くに沢山テイクアウトできる名店有りますから、逆にそんな状況も良いかもです。

すぐ近くに有る、有名な葱油餅を買ってビールと一緒にが最高だと思いますよー!

私が思うに、台北で一番美味しい葱油餅。天津葱抓餅
台湾屋台の食べ物(いわゆるB級グルメ)は、色々ありますが、私が1番好きな台湾の屋台の食べ物は葱油餅(ツォンヨゥピン)です。 ち...

全部でカウンターバックに16タップ有ります。全部、その時は台湾産だよ!って言ってました。

taipei-hodala-1-2

HODALA(ホダラ・掌門精釀啤酒永康店)のまとめ

taipei-hodala-1-7

ビール好きにはたまらないお店ですね!

お店には、日本では飲むことができない、珍しい台湾産クラフトビールが色々飲めますよ!

「HODALA(ホダラ・掌門精)」

  • 住所:台北市永康街4巷10號
  • 電話:(02)2395-2366
  • 営業時間:日~木13:00~00:00 金土13:00~01:00
  • 定休日:不定休

掌門精釀啤酒のFACEBOOKはこちらから

台北には、もう一軒の有名なクラフトビールのお店が有ります!こちらも是非どうぞ

台北で今もっともいけてるクラフトビール専門店。啜飲室(chuoyinshi、チュオィンシー)
台北のクラフトビールのお店。啜飲室(chuoyinshi、チュオィンシー)にオープンしてから何度か行ってますが、段々人気が出てきて、...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で